Youtubeが作る標準ルール

f:id:mashimain:20180827083112j:plain

権利の守り方

gigazine.net・Youtubeの仕組み上、製作者以外が権利を主張することが可能。
・Youtubeが偽者の権利者を、正当の権利者として扱うことがある。
・製作者以外の人間によるマネタイズが行われている。
・Youtubeの対応は最悪
ということです。

権利を盗む仕組みは簡単で、
・架空のアーティストをネット上に作り、HPを作る。
・誰かのヒット曲をそのまま、HPに公開する。
・本物を権利侵害としてYoutubeに訴える。
今回のケースでは、上記のステップで4700万回分の広告収益を盗めています。

今回のようなケースをなくすために、製作者のTheFatRatさんは、事前に商品登録ができるユニバーサル・プロダクト・コード(UPC)も取得しています。
が、Youtubeが認めたのは偽者の権利者だったということで、製作者が怒るのも無理のない話です。

Youtubeの責任

今回、Youtubeは、海賊版公開の場を提供しただけです。
海賊版を見た人が、一緒に広告を見て、Youtubeは莫大な広告収入を得ています。
最近だと、YouTube Premiumを提供し、ダウンロードすら可能にしています。

今年は漫画村なんてサイトもありました。
そちらは、最初の主張とは異なり、実際に漫画をアップロードしていたため、違法なのですが、Youtubeの場合はどうなんでしょうか。
Youtubeと同じように、自分の書いた漫画をアップロードできるサイトを外国に作って、日本の漫画をアップロードしたら、大半のユーザはモラルよりも実利を求めているわけなので、自分の罰が及ばない場合は、どんどん利用するでしょうね。

今後の予想

最近では、アーティストもYoutubeに公式としてアップロードすることが増えていますし、どんどん今の環境に適応した売り方をしていくのでしょうね。
法律を整備しようにも外国の企業に日本の法律を適用することは難しく、中国のように閲覧規制をかけようにも、対象のサイトを誰がどんな基準で選ぶかなど、一朝一夕でできる内容ではありません。
また、いきなり法律を作ってYoutubeはダメです見れません、なんてなったら、そこを餌場にしているクリエイターの人生はどうなるんだとなります。
要するに、Youtubeのように大手として社会に適応してしまったら、そこが基準となってルールが作られるということですね。
(GDPRみたいな例もあるのでなんともですが。とは言え日本がアメリカに喧嘩売ることはないでしょう。)

個人的な感想

法律的にはセーフだとか、皆使ってるからOKというのが最終的な結論になると思います。
ですが、クリエイターの人たちが、売り方を考えないといけない状態にならないようにサービスが繁栄してほしいと、素朴に思っています。