経験者の言葉は重い

f:id:mashimain:20131027142357j:plain

主婦の価値とは

www.kawauchisyun.com

上記の記事に、違和感があったので記事にします。

なぜだろう?

専業主婦・主夫を対等であると考えられない人に対する嫌悪感は私も持っているので、そういった人を批判する記事なので、手放しで同意できそうなものですが。

理由がわからなったので、自分の考えを整理してみました。

私の考え

上で書いたように、私は専業主婦・主夫であることを、下に見る関係性が正常なものであるとは、とても思えないという考えです。

夫婦のどちらかが働かない(収入を得ない)ということは、生活レベルに大きな影響を与える決断のはずで、それを夫婦間で合意して形成した形態が、専業主婦・主夫のはずです。

夫婦それぞれが責任を持つべきは、それぞれに分担された役割を全うすることだと思います。

外で働くものが責任を持つべきは、収入を得ることですし、家を任されたものは日々の家事や、育児に対して責任を持つべきです。

収入を得る責任を持たない主婦・主夫に対して、収入がないことを理由に下に見るということは、責任範囲外のことについて、責任を負わせる行為であり、卑劣といえます。

※育児のように24時間体制で取り掛かる必要があるタスクは、主婦・主夫が一人で行うには荷が重過ぎるため、分担するべきであると考えています。

要するに、バランスですね。

違和感の正体

冒頭の記事では、「シュフを見下すと見放される時代が来る」という見出しで、以下の内容が書かれています。

ネット環境が整ったことで今ではシュフも空き時間で色々と仕事をし、収入を確保する方法がいくらでもあります。

~中略~

つまり昔は外に出て働くしか収入を得る方法がなくシュフが収入を得るのは難しかったのですが、今はかなり状況が違います。

働く側は今すぐシュフを対等に見ないと「不要」の烙印をいつ押されてもおかしくない状況だということです…

違和感の正体はここにありました。

私の考え方は、上記のとおり、夫婦間で合意の上、形成された形態について責任範囲外のことを理由に、上下が決まるのはおかしい、というものです。

つまり、お金を稼がないということは、前提として当然のことなのだから、理由には採用されないということを言っています。

上記の記事では、お金を稼ぐことは、外で働く人間の専売特許ではない、だからお金を稼げているから、不当な扱いをしても相手が付いてくると思ったら間違いですよ、と言っています。

「お金を稼ぐ」ことが専業主婦・主夫にも可能だから、お金を稼いでいるからと偉そうにするのは間違いだ、という主張は本質から離れていると、直感で感じてしまったことが、違和感の正体です。

そもそも、冒頭の記事では、そんなこと言っていないんですけどね。

冒頭の記事では、そういったハラスメントを受けている専業主婦・主夫を救う道を提示しているわけです。

目線の違い

この考え方の違いに気づいたとき、目線の違いに気づかされました。

独身&働いている私にとって、専業主婦・主夫を下に見る人間の存在というのは、リアルではなく、どこかファンタジーの世界でした。

ですので、考えの中に、そういったハラスメントの被害にあっている人間を救うという発想はありません。

一方で、冒頭記事の筆者である河内瞬さんは、自身が専業主夫という立場にいますので、リアルな感情であったり、実際の解決方法をアウトプットすることができます。

まとめ

ここまで読んでくださった方には、私が冒頭記事が正しい・間違っているという観点から評価していないことは、ご理解いただけていることと思います。

この記事は、単純に目線の違いに気づいた、という素朴な内容ですから。笑

 

最後にすばらしい講演の文字起こしを紹介します。

logmi.jp

相手がいる問題の場合、次のステップに進むためには、価値観を一方通行にぶつけるのではなく、対話をする必要があります。

そのためには、相手を理解する必要がありますが、その際に大切なことは、相手の立場で物事を考えることです。

それは相手の立場にたって自分の価値観で考える、ということではなく、相手の立場にたって相手の価値観で考えるということです。

といった内容が語られています。

相手を理解するとき、相手のことを知るのは非常に大切なことですね。

いろいろと勉強になりました。