アジャイル開発だから、ドキュメントないんだよ。

f:id:mashimain:20180606205722j:plain

アジャイル開発っぽい何か

まつもとゆきひろ

「ソースがドキュメントだ。バグも完全に記述されている」

アジャイル開発だったから、ドキュメント残ってないんですよねえ、って言われたことありません?

私は、言われたこともありますし、言ったこともあります。

ここからは、アジャイル開発を数回しか経験していない人間の戯言だと思ってください。

開発責任者としてアジャイル開発を行ったときの話

燃えました。

振り返ってみると、全責任が自分にあったな、と思います。

燃えた理由は、ユーザのやりたいことを取り込みすぎたことに尽きます。

これをやりたい?オーケーやろう。代わりに何をやめる?という会話ができていなかったんですね。

この機能はマスト!こっちもマストじゃい!金は出すから早く!という顧客に対して、

やったらあ!と…。

無能な責任者がいると、開発者も大変ですね。

このときは、お客さんの要望を実装したプロトタイプと一緒に、簡易版のドキュメントを作っていたので、全体の地図のようなものはありました。

そして、無能な責任者は言うんですね。

「アジャイル開発だったから、詳細なドキュメントはないんだよ。代わりに全体像をつかめるExcelが1つあるから、それを読んでね。」と。

開発者としてアジャイル開発を行ったときの話

こちらも燃えたわけですが、原因は、開発責任者が上記の私と同じミスをしたからです。

やはり、1つテーブルに載せるなら、1つテーブルから下ろすが鉄則なのだと思います。

このときの責任者は、「アジャイル開発だったから、ドキュメントはないんだよ。代わりに、納品用に作ったドキュメントがあるから、それを見てね。」と言っていたのですが、私のほうがマシじゃないですか?

まあ、そんな低いリーグで戦うなという話なんですが。

ただ、燃えたは燃えたんですが、個人的にはドキュメントない方が楽だなーと思っていました。

いろいろ作れるし、これがアジャイルか!と。

アジャイルで開発したプロジェクトの引継ぎ

これをやったことがありません。

想像なのですが、ここが一番地獄なのではないかと思っています。

つまり、「アジャイル開発だったから、ドキュメントないんだよね」といわれる側ということです。

私が経験した、アジャイルっぽいけど、アジャイルじゃない開発手法は、結局のところ、ランニングコストを増やす代わりに、別の価値を求めるという開発手法です。

その価値とは、お客さんが求めるものを安く実装できるということです。

メンテナンスのいらないシステムならば、それでいいのかもしれませんが、そんなシステムはありません。

アジャイルを推し進める発注者は、自分の首を絞める可能性があるということを念頭においた上で、仕事をください。(責任転嫁で終わり。)