労働に関する記事を書くと叩かれる

残業手当という仕組みはなくすべき

www.itmedia.co.jp

上記の記事で、松本会長の言っていることは、

・時間をかければかけるほどお金がもらえる仕組みは古く、現代にはそぐわない。

・なぜなら、現代の仕事は、かけた時間と利益が比例しないからだ。

・残業代の制度は、長時間仕事をすることを、推奨している。

・残業代を与えないようにすることで、生産性の向上が見込める。

・それによって、会社が儲かる。

ということです。

個人的には、この記事で松本会長が言っていることは、正しい、というよりごく当たり前のことを言っているようにしか感じません。

それよりも、この記事が叩かれていることに、興味を持ちました。

なぜ、当たり前のことを言ったら、叩かれるのか?

社員に還元する部分に具体性がない

ここで問題なのは、今まで残業手当として支払っていた分を会社が取り込んで、社員に払わなくなることです。今まで払っている金額は、どんな形でもいいので社員に払ってあげないといけません。生産性を高めて残業代を減らしても、節約した分が会社の利益に上乗せされるといったら、社員は動きません。浮いた分は社員に還元すべきです。

会社が儲かった分は、社員に還元するべきだと松本会長は言っています。

しかし、社員に還元するための仕組みに、具体的な提案はなく、「社員を動かすため(生産性をあげるため)には、社員に還元する必要がある。」と言っているにすぎません。

つまり、一時的に生産性があがっても、それは社員に還元されない可能性がある、ということなので、そこに社員さんたちは、怒っているわけです。

・そもそも残業代すら払っていない会社が、社員に還元すると思えない。

・残業代を払わなくても済むから、無制限に働かせる会社が出てくるのでは?

そりゃ、そう思うでしょ…。

これまでの積み重ねによる、経営陣への不信感が、この記事が叩かれている原因だと推測します。

この記事は誰に向けて書かれたものなのか?

記事のタイトルにつけられた「残業手当はすぐになくしたほうがいい」は、いわゆる釣りタイトルだと思います。

松本会長が言っている内容の主眼は、残業代をなくすことはでなく、生産性を上げることです。

「生産性をあげるには?」であれば、時代に沿っていると思いますが、「残業手当はすぐになくしたほうがいい」だと、時代に逆行している印象を受けます。

内容としても、会社員に向けて書かれたものではなく、どうやったら社員の生産性があがるのか、を経営者に向けて書いているものです。

ほとんどの日本人は、雇われの会社員です。

その会社員が、「残業代はなくすべき」という記事を読んだ結果、このようにネガティブな意見が集まるのは、非常に自然な気がします。

松本会長にとっても、もらい事故とまではいかないものの、内容以上のバッシングを受けている気がします。

記事のタイトルって大事ですね。(といいながら雑なタイトルにする)

個人的な見解

ここからは、この記事そのものに対する個人的な見解です。

元々、残業手当は工場で働く人のためのものだったわけです。どうしてかと言うと、例えば、1時間仕事すればクルマが1台できます。2時間で2台、3時間で3台。同じ頭数で残業してくれたらもっと多くのクルマが造れるので、会社としても良かったし、残業手当が支払われれば時間給で25%アップ、50%アップするから社員にとっても嬉しいのです。

前時代の、「かけた時間分、利益が生み出されるビジネスモデル」では、残業手当の制度は、経営者と労働者がWin-Winだったと言っています。

そして、現代は、時間と利益が比例しないと言っています。 

その結果、Win-Winだった関係はどうなったのでしょうか?

経営者は儲からない、労働者は儲かる。

そうすると、経営者の一人負けになるのではないでしょうか?

しかし、実態は残業代が出なかったり、過労死する人が現れたりと、労働者も負けています。

それは、労働者の立場が弱いからです。

自分のことだけを考えれば、あなたが経営者側になって、ブラック企業を作れば、搾取する側に回れますが、それが正しいことだとは思えません。

でも、利益を生まない労働をして、残業代をもらうのも、不毛なことだと思います。

残業代を払わない、過剰な労働を強いる、これに制限をかけて、経営者が正しく負けるようにするのが良いと、私は思います。

経営者が負けることで、初めて松本会長の提案していることが、実現するのではないでしょうか。

経営者に利益が出ているうちは、いくら時代が進んでも、不条理に搾取される人間は減らないと思います。